PoS仮想通貨のTransactionをまとめる方法。XPを鋳造(Miniting)する。

ぴーたろです^^

今回は、ウォレット内で細かく分割したPoS仮想通貨を一つにまとめる方法をご紹介します。

この方法を利用することで、鋳造(Minting)の報酬を得られる確率を劇的に上げることができましたので、是非お試しください^^

※「PoSって何?」という方は、まずはこちらを読んでみてください^^
(参考)POW・POS・POI・POCそれぞれの違いをズバリ解説!仮想通貨のアルゴリズムの種類

なお、今回は仮想通貨XPの例でを利用して解説をしていきますが、PoS系ウォレットであれば同じ操作で取りまとめができますので参考にしてもらえれば幸いです^^
(参考)仮想通貨XP(Experience Points:エックスピー)とは?特徴・将来性・購入方法

それでは早速いってみましょー♪

CHECK POINT!!PoS通貨の保有量が少なくても鋳造を成功させる方法

 

「XPなどのPoS通貨の保有量が少なく、なかなか鋳造に成功しない><。」という方はPoSプールを活用して複利収入を得る方法がオススメです。

 

PoSプールの活用方法はこちらの記事で解説していますので、必要な方は目を通してみてください^^
(参考)SIMPLE POS POOLの使い方と注意点。PoSコインを効率的にマイニング(鋳造)する方法

スポンサーリンク

仮想通貨の鋳造はTransactionごとにそれぞれ行われている

まず理解しておきたいのが、PoSの鋳造はTransaction単位で行われているという点です。

例えば以下の例では、合計7つのTransactionに分かれています(赤・青・緑の7行に分かれていますね^^)。
XP 鋳造

Transacitonとは取引単位のことで、例えばXPをCoinExchangeで購入した場合には、CoinExchangeからウォレットにXPを送金します。

ここで送金を2回に分けて行った場合は、Transacitonが2つに分かれてウォレットに格納されることになるのです。

PoS仮想通貨は「保有量」×「保有期間」に応じて算出された確率で報酬が手に入りますので、「保有量」を分散させるよりも一つにまとめたほうが確実にお得です^^
(参考)PoS仮想通貨のウォレットの使い方。XPを鋳造(Miniting)する方法。

また実際に鋳造をしていると分かりますが、鋳造に成功すると、成功したTransacitonが2つ以上に分割された状態で再度鋳造が開始されます。

これでは、鋳造が成功して報酬が手に入るたびに当選確率が分散してしまうため、放置はオススメできません。

そこで知っておきたいのが、Transacitonの取りまとめの方法です。

PoS通貨を取りまとめる方法

少しテクニカルですが、やり方を覚えてしまえば簡単なので是非マスターしていきましょう^^

主な流れのイメージは以下の通りです。

  1. 新しい入金用アドレスを作る
  2. ウォレット内のTransacitonをとりまとめて、新しい入金用アドレスに送る
  3. 新しい入金用アドレスにTransacitonがとりまとめられる

入金用のアドレスを作成する

まず、Transacitonを一つにまとめる先の新しい入金用アドレスをウォレット内に作成します。

「Receive coins>New address」で新しい入金用アドレスを作りましょう。
XP 鋳造

コインコントロール(上級者向けの送金)をアクティベートする

次に、ウォレット上部の「Setting>Option」をクリックします。
XP 鋳造

すると、Option画面が開きますので、「Display coin control features(experts only)」にチェックを入れて保存します。
XP 鋳造

これで、送金画面に通常よりも詳細な機能が付加されます。

Transacitonをとりまとめて、送金する

次に、「Send coin>Inputs」をクリックし、表示されるCoin Cointrolという画面で取りまとめたいTransacitonにチェックを入れ選択します。

今回は7つのTransacitonを一つにまとめてみます^^
XP 鋳造

選択ができたら、取りまとめたTransacitonを事前に用意した新しい送金先アドレスに送金します。

Custom change addressとPay toに、冒頭で用意したアドレスを貼り付け、送金する総量を入力します。

なお、画像青枠はそれぞれ以下の意味です。

  1. Amountは今回取りまとめたTransacitonの総量
  2. Feeは送金手数料
  3. After Feeは送金手数料控除後の実質送金可能な総量
XP 鋳造

注意!!送金総量の入力上の注意点

上記例では、送金手数料が0.00002XPですが、実際に送金する全体の総量から0.00002XPを差し引いた残高を送金しようとしてもアラートが表示されることがあります。

 

今回のケースでは、0.00003XPが必要と言われました。

 

その時は送金手数料が少なすぎるという意味ですので、アラートで表示された手数料を支払えるよう、送金総量をその分減らしてあげると送金できます^^

 

今回は0.00002XPがデフォルトの送金手数料ですので、追加で0.00001XP分を送金総量から引いてあげればOKです^^

最後に、「Confirmation transaction fee(This transaction is over the size limit.)」という送金前の確認画面が表示されますので、これをOKすれば送金完了です。
XP 鋳造

送金結果を確認する

実際に、Minting(鋳造)画面のTransacitonを見ると、7つに分かれていたTransacitonがひとつにまとまっています♪

これで、鋳造の成功確率を下げることなく待てますね^^
XP 鋳造

スポンサーリンク

PoS通貨の取りまとめの注意点

1点、Transacitonをとりまとめる時の注意点があります。

それは取りまとめた後のTransacitonは成熟がリセットされるという点です。

PoS仮想通貨のウォレットの使い方。XPを鋳造(Miniting)する方法」でも解説した通り、PoSで鋳造が始まるまでにはウォレット送金後1日~2日程度の日数を要しますが、この取りまとめを行った後のTransacitonは、未成熟の状態からスタートします。

実際に冒頭の7つに分かれていたTransacitonを見て頂くと、赤や緑のTransacitonがありましたが、取りまとめ後は青色に変わっていますね^^

※赤や緑は成熟が完了し、鋳造を開始しているTransacitonです。

その意味では「もうすぐ鋳造に成功しそう!」というTransacitonは、慌ててまとめる対象に含めないほうが短期間で鋳造報酬が手に入る可能性も高いです。

ココはご自身の判断次第ですが、効率的な鋳造のためにTransacitonをまとめるかどうか状況を見ながら判断してみてください^^

PoSの報酬は確率論であることを忘れずに

繰り返しですがPoSは「保有量」×「保有期間」が命です。

時間は誰にでも平等ですので、せめて保有量のところで少しでもレバレッジを掛けて鋳造をしていきたいですね^^

また、「保有量」が少なく鋳造に成功できないという方は、PoSプールという裏技的な方法もご紹介していますのでどうぞ♪
(参考)SIMPLE POS POOLの使い方と注意点。PoSコインを効率的にマイニング(鋳造)する方法

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です