CRYPTOPIA(クリプトピア)の使い方と注意点【草コイン・海苔コイン投資法】

ぴーたろです^^

今回は海外の仮想通貨取引所CRYPTOPIA(クリプトピア)特徴とその使い方を解説します。

草コイン・海苔コイン・種コイン・・・色々な呼び方がありますが、弱小アルトコインも多数扱うことで有名なクリプトピア。

上級者向けにしかオススメはしませんが、「仮想通貨の投資に慣れてきた」かつ「コインの保管の最低限の知識はある」という方はクリプトピアでダイヤの原石を探してみても面白いですよ♪

スポンサーリンク

クリプトピアの特徴と安全性は?

CRYPTOPIA(クリプトピア)の最大の特徴は何といってもアルトコイン(特に草コイン)の宝庫という点です。

ニュージーランドの仮想通貨取引所で、取引自体は以下の5つの仮想通貨建てで行います。

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ドージコイン(DOGE)
  • USD Tether(USDT)
  • USD Tether(NZDT)

日本ではFiat(法定通貨)と同じ動きをするテザー(Tether)ベースで取引をする人は少ないと思いますので、多くの方はBTC、LTC、DOGE建てで取引をすることになります。

個人的には草を買うなら必須のDOGEがあるのが安心(´▽`*)(理由は後述。)

つまり、クリプトピアにこれらいずれかの仮想通貨を送金すれば、その仮想通貨(基軸通貨)を使ってアルトコインを購入できます。

CRYPTOPIA(クリプトピア)には国内仮想通貨取引所では入手できない仮想通貨はもちろん、海外仮想通貨取引所でもまだまだ珍しいような草コインも大量に取り扱われているので、購入する通貨を選ぶ際には特に注意が必要です^^

また、気になる取引所の安全性ですが、CRYPTOPIA(クリプトピア)は国内仮想通貨取引所同様に2段階認証が設定可能です。

デフォルトでは2段階認証の代わりに、登録時に設定するPINコード(8桁の数字)の設定を行う仕様になっているのですが、PINコードはあくまでワンタイムパスワード(毎回変化するパスワード)ではないため、セキュリティ上望ましいとは言えません。

注意!!2段階認証を設定せず、このデフォルトのPINコードだけを設定していた人の中には不正ログインにより盗難が起こっていることもちらほら耳にしています。

備えあれば憂いなし。この記事を読んで頂ている方は必ず2段階認証の設定をお願いします。

後述のワンタイムパスワードベースの2段階認証の設定は必ず行いましょう!

また、これは国内でも海外でも同じですが、仮想通貨取引所内に仮想通貨を保管することは危険な状態であることに変わりないので、ここで購入した通貨は必ずご自身の安全なウォレットでの保管を推奨します。
(参考)オススメの外部ウォレットはどれなのか?仮想通貨を安全に保管しよう!

CRYPTOPIA(クリプトピア)の登録方法・2段階認証の設定方法

CRYPTOPIA(クリプトピア)の登録方法自体は非常に簡単です。

CRYPTOPIA(クリプトピア)のHPに行き、画面右上の「REGISTER」から登録手続きを進めてください。
CRYPTOPIA(クリプトピア) 使い方
登録が完了したら、先ほどの通り、2段階認証もお忘れなく^^

まず、ログイン画面の「Security」をクリック、登録時に設定したPINコードを入力し、一旦「Unlock」をクリックします。
CRYPTOPIA(クリプトピア) 使い方

すると、以下の6つの項目につき、2段階認証の設定ができるようになっています。

  • Setting TwoFactor
  • Login TwoFactor
  • Lockout TwoFactor
  • Withdraw TwoFactor
  • Transfer TwoFactor
  • Tip TwoFactor

いずれも、念のためワンタイムパスワードをベースとした2段階認証に設定しておきましょう(最低でもLogin TwoFactorは必須)。

ちょっと面倒なのですが、デフォルトでは「Pin Number(ピンコード)」になっているため、一旦Remove TwoFactorをクリックして解除します。
CRYPTOPIA(クリプトピア) 使い方

次に、再度同じ画面に行くと、Setup TwoFactorになっていますので、こちらをクリック!
CRYPTOPIA(クリプトピア) 使い方

すると、どのような2段階認証のコードを使うかを選択できます。

ここは妥協せずワンタイムパスワードの「Google Authenticator」を選んで設定していきましょう!
CRYPTOPIA(クリプトピア) 使い方

全ての設定をワンタイムパスワード設定すると、以下のようになります^^これで、セキュリティの準備は完了です。
CRYPTOPIA(クリプトピア) 使い方

スポンサーリンク

CRYPTOPIA(クリプトピア)での草コイン購入方法

では、実際にCRYPTOPIA(クリプトピア)を使ってアルトコインを購入してみましょう!

今回は例として TOACoin(TOA)という仮想通貨を購入するしてみようと思います。

たった3ステップだけなので簡単です^^

基軸通貨を調べる【STEP1】

まず、購入したいアルトコインが冒頭の5つの基軸通貨のうちどれで購入できるのかを調べます^^

TOAを見てみると、ビットコイン(BTC)とライトコイン(LTC)とドージコイン(DOGE)で購入できることが分かります。

今回はDOGEコインで購入していこうと思います。
TOAコイン クリプトピア

CRYPTOPIA(クリプトピア)への入金方法・送金方法【STEP2】

では次は、TOAを購入するためのDOGEコインを、CRYPTOPIA(クリプトピア)に送金していきます。

CRYPTOPIA(クリプトピア)に送金するためのアドレスを取得しましょう。

Balanceタブにカーソルを合わせると、「Deposit」がありますのでクリックします。
CRYPTOPIA(クリプトピア) 使い方

すると、入金したい仮想通貨を選ぶ画面になります。

今回はDOGEなので、DOGEを選択しNEXTをクリックします。
(参考)仮想通貨の送金方法は?送金の仕組みを3分で理解する超入門!
CRYPTOPIA(クリプトピア) 使い方

すると、入金用アドレスが表示されますので、そのアドレス向けにDOGEコインを送金しましょう^^

アルトコイン(草コイン)を購入する【STEP3】

無事基軸通貨の送金が完了したら、後は欲しい仮想通貨を購入するだけです。

取引ページに移動し、欲しいアルトコインを購入しましょう^^

MARKKT>>EXCHANGEをクリックし、購入したい通貨ペア(今回ならTOA/DOGE)のマーケットで購入をすればOKです。

CRYPTOPIA(クリプトピア) 使い方

CRYPTOPIA(クリプトピア)からの出金方法【補足】

購入した仮想通貨を取引所にいつまでも預けておくことは資産管理の観点からはオススメできません。

そのため、CRYPTOPIA(クリプトピア)で購入した仮想通貨を自分のウォレット等に出金する方法も念のため書いておきます。

入金の際にも使ったBalanceタブの「Withdraw」から、出金通貨を選んで出金手続きを行います。
CRYPTOPIA(クリプトピア) 使い方
あとは実際に送金したい量を入力して、設定済みの2段階認証コードを記入すればOKです。

基本的には入金とまったく逆の手順になるだけなので簡単ですね^^

注意!!送金にはメールアドレス確認が必須

なお、CRYPTOPIA(クリプトピア)では送金の都度登録しているメールアドレスに確認のメールが届きます。

 

確認メールに記載されているリンクをクリックして取引承認をしないといつまで経っても送金が完了しませんので注意が必要です。
送金の確認メール自体はSecurity画面から解除も可能ですが、セキュリティ上はアクティベートしておくことをオススメします(デフォルトではアクティブの状態なのでご安心ください)。

CRYPTOPIA(クリプトピア)を利用する際の注意点

冒頭にも述べている通り、CRYPTOPIA(クリプトピア)には草コインと呼ばれる、まだまだ名もなき仮想通貨もたくさん取り扱われています。

これは、クリプトピアの上場審査基準が相対的にハードルが低いことに起因しています。

草コイン(もっとひどいと海苔コインと呼ばれたりもしますw)は注目度が低い非常に安価なコインたちで、今後一切価値を持たず流通しないものが大半を占めますが、中には今後大きく成長する可能性があるコインも含まれています。

そのため、仮想通貨に投資する人の中には、このような草コインに投資をして一発大逆転を狙う方も少なくありません。

むやみやたらに購入しているとお金がいくらあっても足りませんが、自分が良いと思ったコインには期待をかけて投資してみるのも面白いですよね^^

この記事を読んでいる人の中にはCRYPTOPIA(クリプトピア)を利用して草コインや海苔コインに投資をしてみたいと考えている人もいると思いますので、その方々に向けてのぴーたろから3点だけ注意点を書いておきます。

取引最小単位を下回る仮想通貨は危ないよ!

まず・・・・

基軸通貨が1通貨(特にビットコイン)だけの場合、取引最小単位に注意する!

という事です。

どういう意味かと言うと、CRYPTOPIA(クリプトピア)で購入可能なアルトコインは、そのすべてが最初に書いた5通貨で購入できる訳ではありません。

中には、ビットコイン(BTC)建でしか購入できないケースが存在します(BTCは仮想通貨界の基軸通貨ですので、BTC建てではほとんどの通貨が取引可能)。

ここで、ビットコインの最小取引単位を思い出してください。

1satoshi=0.00000001BTCですよね^^

例えば、1BTC=200万円の場合、先ほどの1satoshiの値段は以下の通りです。

2,000,000円×0.00000001BTC=0.02円

これ、草コイン投資になれていない人は注意が必要です。

最小の取引単位があるということは、BTCの最小分割単位であるこの金額を下回った取引はできないという事です。

つまり、この計算例では0.02円を下回るような金額をつけると、取引ができないという事を意味しています。

「そんな安いコインないでしょ!」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、草コインをなめないでください。残念ながらそんなコインは探せば山のようにありますし、クリプトピアはそんな通貨もゴロゴロしています。

つまり結論を申し上げると、このような最小取引単位を下回るような可能性があるアルトコインは、購入をした後に取引ができなくなる可能性があるため注意が必要という事です。

こうなると損切どころの話ではなく、お金は一切戻ってこないリスクもあります(取引所で売れないので)。

このような仮想通貨を掴まないためのポイントは以下の2点です。

  • 1satoshiを下回りそうなギリギリのアルトコイン(草コイン)は買わない
  • できればビットコイン以外の通貨での購入ができるアルトコイン(草コイン)を購入する

特に2点目については、単価が低すぎる仮想通貨の場合、LTCやDOGEコインで購入が可能な仮想通貨が望ましいでしょう。

LTCやDOGEコインはBTCと比べるとそもそも単価が低いので、草コインと言ってもこれらの最小取引単位を下回るようなものは殆どないからです^^

2つ以上の基軸通貨がある場合は割安コインで買うほうが拾い漏れがない

2点目が、2つ以上の基軸通貨がある場合、どちらの基軸通貨を使うかというポイントです。

今回ご紹介した例で考えると、TOAはBTCとLTCとDOGEの3つで購入できました。

これを見ると、BTCの方は1satoshi以上の増減がないと値段に反映がされないことが分かります(それがBTCの取引最小単位なので仕方がないことです)。

先ほどの例では0.2円相当の単位でしか取引ができません

一方、DOGEはBTCよりも細かい数値で取引が可能です。

簡便的に1DOGE=0.5円程度で計算をすると、0.00001DOGE=0.000005円単位で取引が可能という事を意味しています。

草コインなので安いコインであることは100も承知ですが、同じお金を出すなら少しでも多くコインを貰えた方が良いですよね!

ある程度単価の高い草コインであれば問題ありませんが、単価が低い仮想通貨であればLTCやDOGEで購入をするほうがお得になる可能性が高いです。

CHECK POINT!!板にも着目してください!

 

とはいえ、LTCやDOGE建ての市場を確認すると、板が薄くて殆ど取引がされていないこともあります。

 

そのような場合は、BTC建てよりもさらに割高な買い物になる可能性もあります。

 

そのため、CRYPTOPIA(クリプトピア)で購入したい仮想通貨を発掘した場合は、必ず板の状況を確認してから、購入に使用する基軸通貨を選ぶようにする癖をつけることをオススメします^^

CRYPTOPIA(クリプトピア)だけで上場している通貨は少し注意

最後に、購入したい仮想通貨がCRYPTOPIA(クリプトピア)だけで上場している(取引ができる)場合は注意が必要です。

見方によっては、これから他の取引所への上場という好材料を秘めた仮想通貨と見ることもできますが、逆に考えるとクリプトピアで上場廃止になった途端にその仮想通貨は紙くずになる可能性があるという事です(売る市場がないため)。

ぴーたろの経験上も、B3という草コインがクリプトピアで上場廃止になったケースもありました。その時はクリプトピア以外で売買可能な仮想通貨を選んでおいて一命をとりとめました。笑

積極的なアクティブ投資をするのはもちろん自由なのですが、そのような仮想通貨に手を出すときにはいつにも増してリサーチを徹底してから投資することをオススメします^^

スポンサーリンク

まとめ

以上、アルトコイン専門の仮想通貨取引所CRYPTOPIA(クリプトピア)の使い方と注意点でした^^

草コイン投資は中級者以上の方以外にはオススメしませんが、興味のある人は今回書いた注意点は意識してコイン選びをしてみてください!

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です