仮想通貨初心者の始め方【やさしい仮想通貨入門ページ】

仮想通貨 初心者 始め方

「仮想通貨」をご存知でしょうか?

仮想通貨で一番有名なのはビットコインと呼ばれる通貨ですが、この単語くらいは聞いたことがあると思います。

現金でもないのに“通貨”と呼ばれ、さらには“仮想”という単語までついて、私は最初に仮想通貨という単語を聞いたときに怪しいイメージがありました。

しかしながらこの仮想通貨、実は世界中で非常に注目が集まっている分野であり、実際に知れば知るほどその奥の深さに驚かされます。

このページでは「仮想通貨の基本を知りたい!」「実際に仮想通貨を購入してみたい!」という方に向けて、これから仮想通貨投資を始められる際に知っておくべきポイントを1つにまとめてみました

これまでにサイト内で書いてきた内容を体系的にまとめていますので、このページを読んでいただければ仮想通貨のいろはが理解できると思います^^

日進月歩で進化と続けている仮想通貨。

このサイトをきっかけに仮想通貨の世界に触れる方が一人でも増えれば幸いです^^

※当サイトは仮想通貨初心者の方でも理解できるようにできるだけ分かりやすく記事を書くことを心がけています。仮想通貨のことを一切知らない初心者の方でも安心して読んでみてください♪

では、まず肩の力を抜くために、ぴーたろもオススメしている仮想通貨取引所Zaifが配信している仮想通貨動画を見てみましょう♪

※この動画の続きもリリースされていますが、投資するうえで役に立つ情報は少ないので時間のない方はどんどん以下を読み進めてください^^笑

スポンサーリンク

仮想通貨の仕組みって?

仮想通貨は“仮想”上の(つまりバーチャルの)“通貨”です。

“仮想(バーチャル)”なので、私たちが手元に持っている現金のように形があるものではありませんが、“通貨”というくらいですので一般に流通できる仕組みが整っています。

この流通の仕組みにはブロックチェーンと呼ばれる分散管理台帳の技術が用いられています。
>>仮想通貨ブロックチェーンの仕組みを初心者でも分かるように解説

このブロックチェーン、インターネットが普及した現代だから実現可能となった仕組みで、「人類の今世紀最大の発明」と表現されるくらい非常に画期的な技術と言われています。

ブロックチェーンを利用した通貨の中で、最も有名なのが“ビットコイン”です。この名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?^^

仮想通貨はビットコインだけじゃない?

仮想通貨の種類

仮想通貨の代表はビットコインですが、何もビットコインだけが仮想通貨という訳ではありません。

世界中にはビットコインとは違う目的・機能を備えた仮想通貨がたくさん存在しており、その数は日々増加しています。

ビットコイン以外の仮想通貨は“アルトコイン(オルトコイン)”と呼ばれます。

「Alternative:代替の・代わりの」という英語から名づけられたコインです。

仮想通貨は一つずつ個性が違いますので、ビットコイン以外の仮想通貨の機能を勉強してみるのも面白いですよ♪

こちらのページでは、多種多様な仮想通貨の説明と、ぴーたろ個人目線でのそれぞれの将来性をまとめていますので、興味のある方は参考にしてみてください^^
>>【保存版】仮想通貨の種類と特徴の一覧。コインの将来性を知ろう!

スポンサーリンク

仮想通貨は儲かるの?

仮想通貨 始め方

このようにたくさんの種類がある仮想通貨ですが、近年はその技術が認められ始めて価格が非常に高騰しています。

特に2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、一般にも仮想通貨を購入する人が爆発的に増え、価格が大高騰しました。

仮想通貨で億以上を稼いだ人は「億り人」と呼ばれ、そのような人が続出したのも紛れもない事実です。

「仮想通貨は儲かる」そんな情報を耳にして仮想通貨に興味を持った方もいらっしゃると思います。

実際にこれからも仮想通貨が値上がりし続けるかは未知数ですが、是非、自分で調べて期待ができる仮想通貨を見つけて投資をしてみて下さい^^

なお、これから仮想通貨取引を始める方向けに事前に済ませておきたい準備についても解説していますので、参考にしてみてください。
(参考)仮想通貨投資の準備(取引の前にオススメしたい事前準備)

また仮想通貨を取引を始める前に知っておくべき、フィッシング被害の手法セキュリティ対策の方法はこちらにまとめていますので、是非合わせて確認をしてみてください。
(参考)仮想通貨の詐欺やフィッシングを防ぐための最低限知っておくべき知識

CHECK POINT!!これから仮想通貨投資を始める方は、いきなり高額な投資をすることはオススメしません

 

仮想通貨はボラティリティ(値動き)が激しく、株式のようにストップ高・ストップ安などのブレーキもなく、急騰・急落をする可能性があります。

 

初心者の方は、まずは仮想通貨を少額ずつ購入してみて、そこで得られた利益で再投資していくのが理想です^^

仮想通貨の購入方法を知ろう!

実際に仮想通貨をどのように手に入れるかと言うと、仮想通貨を専門で取り扱う仮想通貨取引所を利用します。

仮想通貨で利益を上げるための基本的な流れは以下の4ステップです。

  1. 仮想通貨取引所に現金を入金(銀行振込等)
  2. 入金した金額を使って仮想通貨を購入
  3. 値上がり後に仮想通貨を売却
  4. 売却して得た現金を自分の銀行口座に出金

この仮想通貨取引所は各社ごとにサービスや手数料が違う事と、「販売所取引」「取引所取引」という取引形態の違いも理解をしておくと無駄なコストをかけることなる仮想通貨の売買が可能です。

初心者の方が困ることがないように、仮想通貨取引所の選び方のポイントもこちらの記事でマスターしてください^^
>>仮想通貨取引所の選びかたのポイント-初心者目線徹底比較-

CHECK POINT!!仮想通貨取引に慣れてきたら海外取引所を使おう!

 

実際に仮想通貨の投資に慣れてくると、日本国内では手に入らない将来有望な銘柄にも投資をしたくなると思います。

 

そのような方向けには、ぴーたろも利用している海外仮想通貨取引所がオススメです。

 

細かい使い方や、海外取引所の注意点などはそれぞれのページを確認してみてください^^

 

Binance(バイナンス):1日の出来高が世界一になることも多い取引所。日本語対応しており、取引手数料が格安。
(参考)バイナンス(Binance)の口座開設方法と入金・出金・送金方法(手数料を50%下げる方法)の全て

 

CoinExchange(コインエクスチェンジ):草コインの宝庫で使いやすい
(参考)CoinExchange(コインエクスチェンジ)の使い方と注意点【草コイン・海苔コイン投資法】

 

EXX:Qtum銘柄の購入に最適
(参考)EXX仮想通貨取引所の使い方と注意点(Qtum銘柄に先行投資する方法)

 

CRYPTOPIA(クリプトピア):草コインの登竜門的な取引所。草コインを購入するなら必ず事前に調べてから!
(参考)検索 クリプ CRYPTOPIA(クリプトピア)の使い方と注意点【草コイン・海苔コイン投資法】

スポンサーリンク

仮想通貨を安全に保管する知識をつけよう!

仮想通貨 ウォレット 保管

資産の補償をしてくれる仮想通貨取引所はどこか?

仮想通貨を購入してすぐに値上がりをすればいいのですが、実際には値上がりをするまで仮想通貨を保有しておく期間が発生します。

例えば、「@100円で購入した仮想通貨がいつか@200円になったら売ろう」と思っていても、@200円になるまでに数カ月の期間を要することも当然にあります。

その数カ月の期間、購入した仮想通貨を仮想通貨取引所で保管しておくことは好ましくありません

当然、仮想通貨取引所も取引口座にセキュリティを施していますが、実際にハッキング等の不測の事態が起こって資産が消失してしまっても最終的には自己責任の世界です。

実際2017年の上旬には仮想通貨取引所のなりすましログインが横行し、口座に2段階認証を設定していない人が被害を受けたケースが散見されまいた。

現状の最新情報に基づく仮想通貨取引所の補償制度を知りたい方はこちらをどうぞ。
>>【最新】損害補償(保証)がある安心の仮想通貨取引所はどこか?

仮想通貨はどのように保管しておくべきなのか?

そのような状況の中、仮想通貨を最も安全に保管する方法は「外部ハードウォレット」を使った仮想通貨の保管です。

外部ハードウォレットとは、仮想通貨をWeb上に保管するのではなく、外部の目に見えるウォレットというものに保管して管理できる装置です。

実際に多額の仮想通貨を保有している人は、殆ど全ての方がこの方法で仮想通貨を安全に保管し、売買する必要が出た時にだけ再びウォレットから仮想通貨取引所に仮想通貨を移動させています。

実際のウォレットの機能と比較方法についてもこちらの記事にまとめていますので参考にしてみて下さい。
>>オススメの外部ウォレットはどれなのか?仮想通貨を安全に保管する外部ウォレットとは?

仮想通貨のアルゴリズムを理解しよう!

PoW、PoS、PoIって何?

仮想通貨は”送金”が可能です。

AさんからBさんに仮想通貨の送金を行う際、その取引を成立させるためには私たちの目に見えないところで承認行為が行われています。

この承認行為は”コンセンサス“と呼ばれ、取引承認を行うアルゴリズム(仕組みのようなもの)がいくつかの種類に分かれています。

一番有名なのは、ビットコインにも利用されているPoW(プルーフオブワーク)ですが、ココでは全体像を理解するために以下の種類のアルゴリズムを理解しましょう。

  • PoW(Proof of Work)
  • PoS(Proof of Stake)
  • DPoS(Delegated Proof of Stake)
  • PoI(Proof of Importance)
  • PoC(Proof of Consensus)

(参考)POW・POS(DPOS)・POI・POCそれぞれの違いをズバリ解説!仮想通貨のアルゴリズムの種類

PoS通貨って具体的にどれなの?

コンセンサスアルゴリズムの違いが理解できたら、早速どのような通貨がそれらのアルゴリズムに当てはまるのか見ていきましょう^^

「保有量×保有期間」に応じて仮想通貨を増やすことができるPoS通貨を一覧化してみましたので、先行投資をしたいという方は参考にどうぞ♪
(参考)PoS仮想通貨の一覧表リスト(仮想通貨を複利で増やす方法)

仮想通貨の情報をいち早く手に入れよう

仮想通貨投資の中級者以上の方になるほど、情報の収集に力を入れている場合が殆どです。

仮想通貨の情報収集の方法には様々な手段がありますが、ここではそのいくつかをご紹介します^^

>>Bitcointalk(Bitcoin Forum)の使い方とエアードロップ制度(仮想通貨の情報を集める方法)

これから生まれてくる仮想通貨の世界も覗いてみよう(ICOとは?)!

仮想通貨は企業や団体の資金調達の手段としても注目が集まっています。

企業や団体が独自の仮想通貨を作成し、その仮想通貨を購入してもらったことで集まった資金を、新しい商品やサービスの開発に有効活用するという仕組みです(ICOと呼ばれます)。

このような企業・団体が発行する新しい仮想通貨は、注目度次第では仮想通貨取引所で取引が行われるようになります(これを仮想通貨の上場と呼びます)。

取引所で売買が行われるようになると、仮想通貨の価格は一気に跳ね上がり、大きな売却益を出せる可能性が高いです。

これから生まれてくる仮想通貨の投資方法も知りたい方は、こちらも読んでみてください^^
>>仮想通貨のICOって一体何?ICOの仕組みとトークンセールの基本知識

仮想通貨の利益は確定申告が必要?知らないと大変な仮想通貨の税金関係。

仮想通貨 税金

仮想通貨の売買で得た利益は所得である以上、当然に税金がかかります。

そのため、仮想通貨取引で得た暦年の利益は確定申告をする必要があります

また結論から申し上げると、所得税計算上は“雑所得”という所得区分で取り扱われ、この所得区分は特に税制上の優遇などはないため税額が高くなりがちです。

仮想通貨で得た利益にかかる税金の計算方法なども会計士であるぴーたろが分かりやすくまとめてみましたので参考にしてみて下さい^^
>>仮想通貨の税金講座 所得税は結局いくらかかる?計算方法の全貌

また、仮想通貨の利益を脱税した場合、どのくらいの追徴課税が発生するのかも具体的に計算してみましたので、興味がある方はこちらもどうぞ^^
>>仮想通貨で脱税をしたらどうなるのか?延滞税・重加算税の全貌

本気で仮想通貨トレードに取り組んでみよう(仮想通貨FX)!

既に為替のFX(外国証拠金取引)トレードを経験したことがある方であれば馴染みやすいとは思うのですが、仮想通貨もレバレッジを効かせた取引を行う事が可能です。

レバレッジを利かせた取引を行うと、少ない資金で大きな取引を行う事ができます。

自分の予想通りに価格が動けば大きな利益を上げられますが、同時に損失を受けるリスクも高いのがFX取引です。

新興の仮想通貨取引所は、この仮想通貨のFX取引のサービスを重視しているケースも多いので注目度が高まっています^^

基本的な取引のルール「証拠金」「証拠金維持率」「追証」「ロスカット」等はFXと同様なのですが、仮想通貨取引ならではの特徴もありますので、仮想通貨のFX取引にも挑戦してみたいという方はいろいろと情報を調べてみてください♪