【ビットコインFXで稼ぐ】初心者の仮想通貨FX取引の始め方

「ビットコインFX」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

仮想通貨は手元資金以上の取引(レバレッジを効かせた取引)を行う事が可能です。

手元の資金が少なくても大きなお金の取引ができる点で、その人の信用をベースに取引をしているため「信用取引」という部類に入る取引方法です。

このページでは、これから仮想通貨のFX取引を始めたいという方に向けて、実際に取引を始めて困ることがないように、FX取引の基本ルールや注意点を書き残しておきますので参考にしてみてください^^

CHECK!!FXトレードの経験がある方へ
既に外国為替証拠金取引(為替のFX取引)を経験したことがある方にとっては、取引の基本ルールはFXと同じなのでこのページを読んでいただく必要はありません。
そのような方は、FXトレードに特化した仮想通貨取引所の選び方だけ確認してトレードを始めてみてください^^

スポンサーリンク

FX取引の概要

仮想通貨FXのFXとは「証拠金取引」を意味しています。

証拠金取引とは、取引所の口座に証拠金(要はお金)を入れることで、この証拠金の3倍・5倍・15倍・25倍分の取引を行う事ができる取引の事です。

この3倍・5倍といった倍率は「レバレッジ」と呼ばれ、レバレッジが高いほど、少ない資金で多額の取引を行う事ができるのが魅力です。

例えば、1BTC=100万円の時に、仮想通貨取引に使えるお金が以下の通りの2人の人がいたとします。両者とも全額使ってBTCを買いました。

  • Aさん:100万円保有(独身で自由にお金が使えるため100万円投資したい)⇒1BTC購入可能
  • Bさん:20万円保有(奥さんに隠れてコツコツため続けたお小遣いが20万円ある)⇒0.2BTC購入可能

その後、AさんもBさんも1BTC=120万円になった時に売却をしました。

  • Aさん:20万円の利益(120万円×1BTC-100万円×1BTC)
  • Bさん:4万円の利益(120万円×0.2BTC-100万円×0.2BTC)

Bさんは、Aさんと同じように取引をしたのに、資金が少ないために得られる利益も小さいことが分かります。

このように、現物取引では利益(損失)が資金力に大きく制限されてしまいます。

ここで、Bさんが現物取引ではなく、信用取引のFX(レバレッジ5倍)を利用していたらどうでしょうか?

  • Bさん:20万円保有⇒レバレッジ5倍で20万円×5=100万円分の取引が可能

Bさんは20万円の手元資金で100万円分のBTCを信用買いし、120万円で売却することで、Aさんと同じく20万円の利益を得ることができます。

注意!!レバレッジ取引はハイリスクハイリターン
上記は上手く利益が出せたケースをご紹介しましたが、逆もまた然りです。レバレッジ取引を行う場合、損失を出してしまうとすぐに手元資金が無くなってしまう可能性もあります。損失が無限に膨らまないように、FX取引にはいくつかのルールが存在します(後述)。

仮想通貨FX取引の基本ルール

仮想通貨FX

FX取引がレバレッジを効かせた証拠金取引であることが分かったところで、次はFX取引特有のルールを理解しておきましょう。

いずれもFX取引を始めるには最低限必要になるレベルの内容ですので、正確に理解をするようにしてください^^

仮想通貨FXのスプレッドとは?

FXの取引においてプレッド」という概念は非常に重要です。

「取引手数料無料」と謳われていても、実際にはこのスプレッドの存在によってバッチリ手数料が取られている事もあります。

まずは仮想通貨FXにおける実質的な手数料であるスプレッドについて理解しましょう。

仮想通貨FXの証拠金維持率とは?

FXの取引では、現物取引にはない「証拠金維持率」という概念があります。

これを理解せずにFX取引を始めてしまうと、自分が意図しない状況で取引が決済されて赤字で取引が確定してしまうこともあります。

証拠金と証拠金維持率の関係を理解して仮想通貨FXに取り組んでください。

仮想通貨FXの追証とは?

FX取引をしたことがある人にとっては一番聞きたくない単語の一つが「追証(おいしょう)」ですよね^^;

追証とは追加証拠金の略称で、含みの損失が出ているために追加で証拠金の入金を求められることです。マージンコールとも呼ばれます。

仮想通貨FXを始めてから常に勝ち続けることは難しいです。

損失が膨らんでしまった時に慌てなくてもいいよう、追証についても知っておきましょう。

仮想通貨FXのスワップポイントとは

FX取引には「スワップポイント」という概念があります。

通常の為替のFX(外国証拠金取引)ではスワップポイントは金利差の調整としての役割を持ち、ポジションを保有するだけでも金利を受け取れることが多いです(日本は海外より金利が低いため)。

一方、仮想通貨のFXではこのスワップポイントがマイナスになることが殆どです。

スワップポイントがマイナスということを考慮して、仮想通貨FXではどのうな取引をすればいいのかも理解しておきましょう^^

スポンサーリンク

ビットコイン以外にもFX取引は可能なのか?

仮想通貨のFX取引の中でNo1の取引量を誇っているのは、現物の世界と同じくビットコインです。

しかしながら、ビットコイン以外のアルトコインでもFX取引を行うこと自体は可能です。

取引が可能な通貨自体は仮想通貨取引所によって異なりますので、ビットコイン以外の仮想通貨でFX取引をしたい場合は取り扱われているコインの種類も確認してみてください^^

仮想通貨FXのオススメ取引所

お疲れ様でした!!

以上で仮想通貨取引の基本は理解できたはずです^^

早速仮想通貨FXの取引を始めてみたいと思われるかもしれませんが、仮想通貨FXにオススメ仮想通貨取引所は現物の仮想通貨の取引所とは大きく異なる点に注意が必要です。

通常の現物取引では、取引所の【信頼性】【安全性】【手数料】【サービス】の4点比較が重要でした。
(参考)(2017年最新)仮想通貨取引所のオススメ16選-初心者目線徹底比較-

一方FX取引では、これまでに勉強したスプレッド・証拠金維持率・スワップポイント・取り扱い通貨等の情報を勘案して取引所を選ぶことが後悔をしない取引所選びのポイントになります。

仮想通貨FXに特化した取引所の選び方は、別途記事をご参照ください^^