仮想通貨の送金方法は?送金の仕組みを3分で理解する超入門!

ぴーたろです^^

仮想通貨は「通貨」と呼ばれるように、流通できる仕組みが整っています。

どのように流通するかというと、ブロックチェーンという分散台帳の仕組みを使って「送金」ができるのです。

しかも超簡単かつ格安です!

(ビットコインは人気により値段が上がりすぎて送金手数料が安いメリットは失われつつありますが・・・)

そこで今回は、実際の仮想通貨の送金の仕組みと送金方法を見ていきましょう^^

これから仮想通貨を保有される方は「送金」という行為は必ず通る道と言っても過言ではありませんので、是非知っておいてください♪

スポンサーリンク

ビットコイン以外にも送金はできるの??

まず、たまに質問されることがあるので念のため書いておきますが、ビットコイン以外のアルトコイン(オルトコイン)も送金はできます!

”通貨”なのに、流通できる手段がないと意味がないですからね。笑

イーサもリップルもビットコインキャッシュも送金自体はできますので安心してください^^

仮想通貨の送金に必要なものは”アドレス”だけ!

仮想通貨を誰かに送金する、もしくは誰かから受け取るために必要なものはアドレスと呼ばれる仮想通貨を受け取るコードだけです。

例えば、AさんがBさんに仮想通貨を送る場合は、AさんがBさんのアドレスに向けて仮想通貨を送金すればBさんは無事に仮想通貨を受け取ることができます。

この送金の情報はすべて分散台帳(ブロックチェーン)上に記載され、このブロックチェーンは世界中のPCで同じデータを監視しているため、実質的に改ざんが不可能なのです(これが仮想通貨が利用しているブロックチェーンと呼ばれる仕組みの醍醐味)。

※なお、取引を承認する方法は仮想通貨によって異なりますので、合わせてこちらをご確認いただくと、取引の裏で何が行われているのかが分かると思います^^
(参考)POW・POS・POI・POCそれぞれの違いをズバリ解説!仮想通貨のアルゴリズム

CHECK POINT!!実際にイメージを掴むために気になる方は生のブロックチェーンを見てみましょう♪
>>ビットコインのブロックチェーン
仮想通貨の送金自体は、いくつかの送金取引がまとめて1ブロックとして承認されていきますので、ブロック高の欄にある番号をクリックしてみると、どのアドレスからどのアドレスにビットコインが送金されたのかが記録されていることが分かります。

スポンサーリンク

仮想通貨の送金が必要になる場面

「実際にどんな時に仮想通貨を送金する必要があるの?」と思われるかもしれませんが、仮想通貨を送金する場面は思っているよりも多いです^^

いくつかの具体的なケースは以下のような場面です。

  1. 仮想通貨を安全に保管するために、取引所から自分のウォレットに送金する
  2. 仮想通貨を売るために、自分のウォレットから取引所に送金する
  3. ハードフォーク(エアードロップ)対応のために、仮想通貨を他の取引所やウォレットに送金する
  4. ICO参加のために仮想通貨を送金する
  5. 仮想通貨でお買い物をする
  6. 仮想通貨を知り合いに送る

まず、①と②ですが、こちらは非常に重要な知識です。

仮想通貨を仮想通貨取引所で購入した後は、取引所内の自分の口座で保管するのではなく、外部の安全性の高いウォレットに移しておくことがオススメです。
(参考)仮想通貨を安全に保管する「外部ウォレット」とは?

この場合、実際に仮想通貨を売ることを決めた時に自分のウォレットから取引所に仮想通貨を戻して売却をします。

過去にマウントゴックスというお粗末な仮想通貨取引所が、投資家が保有している仮想通貨をすべて消失させた事件がありました。

その二の舞にならないために自分の資産は自分で守る知識をつけてください。

③は、仮想通貨ならではのハードフォークに対応するための通貨の送金です。

2017年にはビットコインの分裂騒動がありましたが、ビットコインを然るべき取引所やウォレットに保有していた人は分裂したコインをタダで手に入れることができました♪

④はICOと呼ばれる仮想通貨の資金調達に参加するための送金です。仮想通貨投資に慣れてきたらICO投資にも挑戦してみるのも面白いです♪
>>仮想通貨のICOって一体何?ICOの仕組みとトークンセールの基本知識

⑤と⑥は実際のビットコインを決済手段や送金手段として用いたケースです。

実際に日本国内でもビットコイン払いを採用している店舗は増加の一途を辿っており、例えばお店のレジでビットコインで支払いをする場合には、お店側のアドレスに送金をすることで支払いを済ませることになります。

また、ビットコインが期待されていた役割の一つである国際送金ですが、これも破格の手数料で送金を行う事ができます。海外に出稼ぎに来ている外国人労働者の方も、ビットコインを使えば手数料を抑えて母国の家族に送金を行えますね!

仮想通貨の送金方法

さて、ここまでの基本情報だけで、仮想通貨の送金に関する最低限の知識は十分です。

実際に保有している仮想通貨の送金方法は、各取引所の画面を使って説明していますので参考にしてみてください♪

【Coincheck(コインチェック)】
>>コインチェックでのビットコイン・イーサリアム等の送金方法【画像付き】

注意!!初めて仮想通貨の送金をする時には、必ず少額の送金で無事に届くか試しましょう!

これはどんな上級者であっても徹底して行っていることですので、面倒臭がらずに慎重に試してください。

仮想通貨は間違ったアドレスや手順で送金をすると、2度と戻ってこないケースも多いです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、仮想通貨の送金に関する基本知識でした♪

仮想通貨の送金は格安ではあるものの、手数料がかかるのは事実です。

当サイトでは仮想通貨取引所ごとの送金手数料も比較していますので、仮想通貨を購入する際に送金することまで考えられている方はそちらの手数料も理解して仮想通貨を購入することがオススメです♪

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です