EXX仮想通貨取引所の使い方と注意点(Qtum銘柄に先行投資する方法)

ぴーたろです^^

仮想通貨Qtum(クアンタム/クアントム)をご存知でしょうか?

DAPPS(分散型アプリケーション)のプラットホームで、ビットコインとイーサリアムのいいところを組み合わせたような中国初の仮想通貨です。

スマートフォン等の小さなスマートデバイス上でもスマートコントラクトを実行できる技術になっており、非常に注目が集まっている仮想通貨の一つとなっています^^

さて、このQtumですが、このプラットホームを利用したアプリケーションが竹の子のようにどんどん開発されています。

個人的にはプラットホーム系の仮想通貨はそのプラットホーム自体が使われてこそ価値が出る(逆にどんなに優れたプラットホームでも利用されなければ価値はない)と思っていますので、今後のQtumの情勢が気になる所です^^

そこで今回は、このQtumとQtum上のそれぞれのDAPPSに関連する仮想通貨の購入に一躍買ってくれるEXXという仮想通貨取引所をご紹介します。

「Qtum関連の銘柄にいくつか投資をしてみたい!」と思われている方は是非活用してみてください^^

スポンサーリンク

EXX仮想通貨取引所の特徴と安全性は?

EXX

EXXは中国で運営されている仮想通貨取引所で、前述の通りQtum関連の銘柄に力を入れていることで有名です。

Qtum自体が中国初の仮想通貨ですので、EXXとの相性がいいのでしょう^^

さらに、EXXは日本語対応をしている海外仮想通貨取引所になりますので、英語が苦手な方でも操作しやすく安心です。
(サイト内の細かい箇所は中国語のままですので、どうしても操作方法が分からないときはサポートに問い合わせるのが一番です。ちなみに、EXXはチャットで問い合わせを行えるため、非常にユーザー思いな仕様になっています^^)

安全性の面では、EXXは国内仮想通貨取引所のようにワンタイムパスワードの2段階認証が設定できます

設定方法は後述しますが、なりすましの不正ログインを防ぐために、2段階認証は必ず設定をしておきましょう^^

QtumとQtumのDAPPS関連の仮想通貨を一手に取り扱う

EXXでコインを売買する手段としては以下の6つの基軸通貨が用意されています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • クアンタム(QTUM)
  • エイチシェア(HSR)
  • 米ドルテザー(USDT)
  • QC
EXX 仮想通貨取引所 使い方

各仮想通貨ごとに取引できる通貨が異なるので、購入したい仮想通貨があれば必ずどの通貨で購入ができるのかを確認しましょう^^

取り引き手数料は、一律0.1%が設定されています。

また、冒頭にも述べた通りEXXの最大の特徴はQtum関連の銘柄の取り扱いが豊富な点です。

QtumのDAPPS関連の銘柄はQtumを使って購入できますので、それらの通貨に早めに投資をしておきたい方は、EXXにQtumを送るか、EXX自体でQtumを購入して、取引をする必要があります。

EXX以外でQtumを購入したい場合は、手数料が安いBinance(バイナンス)がオススメです。
(参考)バイナンス(Binance)の口座開設方法と入金・出金・送金方法の使い方の全て

スポンサーリンク

EXXの口座開設方法

前述の通り、EXXは日本語対応していますので非常にスムーズに登録作業を進められました^^

まず、EXXの公式HPに行き、右上の「Sign up」から登録を進めます。
EXX 使い方

登録が完了したら、忘れずに2段階認証を設定します。

ログイン後、右上のユーザー名をクリックし、「google認証」の欄から2段階認証を設定しましょう!
EXX 仮想通貨取引所 使い方

設定が完了したら、念のため一度ログアウトを行って再ログインしてみてください。2段階認証が設定できていればワンタイムパスワードが求められます。

Qtum銘柄に投資したいなら外せないEXX

まだまだ成長途上のDAPPS市場。

まずはどのようなDAPPSがあるのかを確認してみて、興味の持てるプロジェクトに投資をしてみるのも面白いかもしれません^^

>>QTUM銘柄関連の仮想通貨を購入するならEXX

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です