仮想通貨ブロックチェーンの仕組みを初心者でも分かるように解説

ぴーたろです^^

仮想通貨を理解するうえで、絶対に出くわすキーワードに“ブロックチェーン”というものがあります。

このブロックチェーン、小難しく技術的なことを書き出すと1冊の本でも足りないような技術なのですが、ここではこれから仮想通貨取引を始めるにあたって理解しておけばいい知識だけを分かりやすい言葉で解説します^^

ブロックチェーンの理解は、仮想通貨の送金を行う際にも役に立つ知識ですので、是非マスターしておいてください♪
>>仮想通貨の送金方法は?送金の仕組みを3分で理解する超入門!

スポンサーリンク

ブロックチェーンの概要を1分で理解しよう

仮想通貨は“仮想”上の(つまりバーチャルの)“通貨”です。

“仮想(バーチャル)”なので、私たちが手元に持っている現金のように形があるものではありませんが、“通貨”というくらいですので一般に流通できる仕組みが整っています。

この仮想通貨の流通の仕組みには“ブロックチェーン”と呼ばれる今世紀最大の発明と呼ばれる技術が利用されています。

では、ブロックチェーンの仕組みを簡単に説明しますね^^

例えば、AさんからBさんに仮想通貨を送る場合、その取引の内容が取引記録として記録されます。

そして、取引記録はいくつかの数がまとめて承認作業が行われます。

この承認作業を経て取引が無事に成立した取引記録のまとまりは“ブロック”と呼ばれます。

この承認を受けた取引記録のまとまり(ブロック)は、それよりも前に承認されたブロックに結合されて、鎖のようにブロックが連鎖しています。

ブロックチェーン 仕組

そう、承認をされた取引のまとまり(ブロック)が鎖(チェーン)のように連鎖して記録が残されていく、これがブロックチェーンと名付けられた所以です。

ブロックチェーンのどこがすごいのか?分散型管理台帳とは?

ブロックチェーンの何となくのイメージができたかと思いますが、これだけでは「それの何がすごいの?」と思われるかもしれません。

取引の履歴を記録しているだけであれば、それは例えば銀行の預金通帳と同じですよね。笑

このブロックチェーンがすごいところは、この過去における取引の履歴(ブロックチェーン)自体が、インターネットにつながった世界中のPCを使って分散管理されていることです。

つまり、世界中のみんなでブロックチェーンの取引内容を監視することで、不正や改ざんができない仕組みをとっています。

例えば、AさんからBさん向けてビットコインを送金した場合、その内容はブロックチェーンに記録されます。

CHECK POINT!!仮想通貨の送金が行われると、その裏ではマイニング(採掘)と呼ばれる取引承認行為の競争が行われています。マイニングの概要と種類の理解は仮想通貨の理解に必須ですので、気になる方は合わせてどうぞ^^
(参考)POW・POS・POI・POCそれぞれの違いをズバリ解説!仮想通貨のアルゴリズム

そこで悪意のあるハッカーが、BさんではなくCさん(ハッカー自身)にビットコインを送金したと取引履歴を書き換えたところで、世界中の他のPC上はAさんからBさんに送金が行われた記録が残っているので、その取引が不正に書き換えられたものであることが発覚していまうという訳です。

世界中のPCで分散して台帳(取引記録)を管理するため、ブロックチェーンは分散型管理台帳技術とも呼ばれます。

技術的にはもっともっと複雑な仕組みなのですが、仮想通貨取引をする上ではこの理解をしていれば問題はありません^^

スポンサーリンク

ブロックチェーンの技術が世界中から注目を浴びる理由

さて、ブロックチェーンが不正・改ざんができない仕組みであることは分かりましたが、これは今までの人間が使ってきた技術とは一線を画していることにお気づきでしょうか?

例えば、現金の送金という点に着目をすると、今までは金融機関(銀行等)が中央集権的に管理したシステムですべての取引が記録されていました。

この場合、例えば堅牢なセキュリティを敷かれている金融機関のサーバーが乗っ取られてしまうと、すべての機能がダウンしてしまうリスクがあります。

一方で、ブロックチェーンは取引の内容がどこか1箇所のサーバーなどに保管されている訳ではありません。

世界中のPCで管理をしているので、例えば1台のPCがハッキングの被害などを受けたとしても、ブロックチェーンの取引記録自体の真正な情報は他のPCに残っているので安心です。

このような画期的な仕組みがあるからこそ、ブロックチェーンは世界中で注目されており、さらにはブロックチェーン技術を応用した仮想通貨に脚光が集まっているのです。

ブロックチェーンの技術はお金の取引以外にも応用できます

このように不正・改ざんが事実上不可能と言われているブロックチェーンの仕組みは、何もお金の取引記録に限定して使われている訳ではありません。

世界中のありとあらゆる情報をブロックチェーンで管理する試みも始まっています。

例えば、ビットコインと並んで有名なイーサリアム(イーサ)という仮想通貨は、ブロックチェーン技術を応用して契約の管理を行うことを目的としています。

例として、不動産の所有権などの記録は、登記簿や関連書類を一つ一つ確認して過去の所有者と現在の所有者を確認する必要がります。

このような所有権情報なども、改ざんができないブロックチェーンで管理をしてしまえば、非常にスムーズな情報管理が可能になるといわれています。

スポンサーリンク

ブロックチェーンの将来性を何となく理解いただけましたでしょうか?^^

以上が、ブロックチェーンの基本的な内容です。

より技術的な仕組みを知りたい方は、学術書などもたくさん出ていますので読んでみても面白いと思います^^

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です