仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)とは?仮想通貨の特徴・将来性・購入方法

ぴーたろです^^

今回は仮想通貨のBitocin(ビットコイン)について解説します。

言わずと知れた仮想通貨の王様であるビットコイン。他の仮想通貨から見ても基軸と役割を果たしているため、必ず理解しておきたいかそう通貨です。

スポンサーリンク

ビットコインとは?知っておきたいコインの概要

ビットコインの生みの親はサトシナカモト(中本哲史)

ビットコインのルーツは、2009年に世に送り出された「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という9ページの論文です。
(参考:原文)Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

この論文を書いた人物が、論文のサトシナカモト氏と呼ばれる人物で、現在も、この人物が一体誰だったのかは判明していません。

日本人風な名前だけに、我々日本人にとっては少し誇らしいですよね^^

(今も、サトシナカモト氏の名前は、ビットコインの最小取引単位=0.00000001BTC=1satoshiという形で残されています。)

この論文が画期的だと言われている点は、P2P(Peer to Peer)と呼ばれる中央集権型の機関を必要としない決済の概念でした。

このP2Pを用いることで、これまで金融機関等の決済を取り仕切る役割を必要とせず、世界中のPCで相互的に取引を監視することが可能となっています。

インターネットが普及した現代だから可能になった、21世紀最大の発明と呼ばれたりもしている概念です。

このビットコインは当初、一部のギークの間で送金をしたりしておもちゃのように扱われていましたが、ある日ビットコインが価値を持つタイミングがやってきます。

アメリカのとあるピザ屋さんが、それまで無価値であった10,000ビットコインでピザを購入することを認めたのです。

※今10,000ビットコインあったら・・・億万長者ですね。笑

ここからビットコインの金銭的な価値が認められます。

ビットコインはブロックチェーンシステムという分散管理台帳上で管理されていますが、このブロックチェーンの仕組みを使うと、過去に行われた取引は不正・改ざんができません。
(参考)仮想通貨ブロックチェーンの仕組みを初心者でも分かるように解説

また、仮想(バーチャル)な通貨であるため、所有権の移転(送金)自体も非常に早く・安く行うことができました。

これらの特徴を併せ持ったビットコインは、仮想通貨の先駆けとして瞬く間に世界中でその実用性が認められ始めています。

ビットコインのメリット

ビットコインがここまで価値を認められるようになったのは、これまでの法定通貨にはないたくさんのメリットがあったからです。

その中でも大きな2つが、以下のポイントでした。

  • 送金手数料が安い
  • 送金にかかる時間が早い

ビットコインの送金には手数料が発生しますが、当初ビットコインの価格が上がる前には、この手数料が殆ど0に近い数値でした。

また、送金にかかる時間の短さも世界中に驚きを与えました。たった10分程度で、地球の裏側にいるブラジルの人にまでビットコインを送ることができたのです

例えば、世界中では貧困に苦しむ国はまだまだたくさんあります。

それらの国の人々は、生計を立てるために海外に出稼ぎに出ることも多いです。

そのような人がこのビットコインのシステムを利用すれば、国際送金手数料(金融機関によりますが数千円程度かかります)も時間もかけることなく、自国の家族にお金を届けることも難しくありません。

ビットコインの利用用途はたくさんありますが、このような実用性を兼ねていることからもその利用価値が認められました。

POINT!!なお、現在のビットコインはこれらのメリットが大きく損なわれつつあります。

ビットコインの価格が高騰したため、現在では送金にかかる手数料は高く、さらに送金量が増えたため送金詰まりを起こしてしまうことが懸念されています。

 

例えば、国内の仮想通貨取引所で購入したビットコインの送金には約0.0005BTCの手数料が発生しますが、これはビットコインの価格が高騰すればするほど高い金額になってきます(1BTC=100万円なら500円、1BTC=300万円なら1,500円)。

 

さらに、ビットコインの送金にはマイニングと呼ばれる取引の承認行為が必要ですが、現在このマイニングが間に合わないほどのビットコインの送金が行われています。

 

早く送金を済ませたければ、前述の手数料を高く払うことで対応できますが、それでは送金手数料がさらに高くなってしまうという悪循環になっています。

 

ビットコインはこれらの問題を解決するために、一度に承認できる取引の量を技術的に増やす等の開発が行われており、はたまた、決済としての利用ではなく価値の保存(現代の金のようなポジション)としての利用価値があると言われたりもしています。

ビットコインの抑えておきたい基本情報

  • コイン名(通貨表記):Bitcoin(BTC)
  • 最大供給量(発行上限):21,000,000 BTC
  • 送金スピード:約10分
  • 半減期:4年間隔
  • 取引単位:0.00000001BTC(1satoshi)

まず、最大供給量が決まっているため、希少価値という意味では価格が上がりやすい特徴があります。

ビットコインの発行枚数は有限です。これは当初の発行時にプログラミング化されているため、人の手で変更することはできません。

現在の取引の承認スピードを前提にすると、おおよそ2041年にはビットコインは21,000,000 BTCが発行され尽くすと言われています。

また、ビットコインは新たに市場に出回る発行量が4年に一度半分になるシステムとなっています。

これは「半減期」と呼ばれ、直近の半減期は2016年7月でした。つまり、次回はオリンピックイヤーの2020年。

一般的には半減期を迎える仮想通貨は、それを境にさらに手に入れにくくなる(新規発行量が減る)ことから、価格が上がる事が多いと言われています^^

なお、稀に「ビットコインは高すぎて買えない」と思われる方もいらっしゃいますが、ビットコインは前述の通り1satoshiから取引が可能です。

ビットコインが1,000万円になっても0.00000001BTC=0.1円単位で取引が可能なので少額投資は可能です。ご安心ください^^

ビットコインの将来性は?

 

仮想通貨 将来性

ビットコインは仮想通貨界の基軸通貨です。

仮想通貨取引に慣れてくると分かりますが、そもそもBTC建てでないと購入できない仮想通貨も世の中にはたくさんあります

※つまり、日本円や米ドルなどでは、直接購入ができない仮想通貨もたくさんあるのです。

さらにこれまでの経験上、他の仮想通貨の不安材料などが出た時に安全資産のビットコインに逃げる(ビットコインが買われる)という現象も多々起こっていますので、依然根強い信頼を得ている通貨であることに間違いはありません。

その意味で、今後ビットコインが無価値になることはないと考えていますが、今後その価値がさらに伸びていくかどうかは、ビットコインがどのようなポジションで利用されるかによると考えています。

例えば、ビットコインよりも一度に処理できる取引の量を増やした仮想通貨としてビットコインキャッシュという仮想通貨があります(ビットコインから分裂した仮想通貨です)。

このビットコインキャッシュとビットコインとが草分け無く”決済手段としての実用性”という意味で同じ方向を目指すのであれば、今後どちらが使いやすいかという覇権争いになる可能性はあります。

ここは話が非常に複雑なのですが、実際にビットコインの取引承認をするマイナーと呼ばれる集団を取り巻く背景から、今後はビットコインキャッシュが台頭してくると予想する人も数多くいるのは事実です。

さらに、ビットコインよりも安く早く送金ができるライトコインという通貨も存在するため、ビットコインが今後どのような役割を果たしていくのか(そしてその役割に意味があるのか)は今後のビットコインの成長を大きく左右するでしょう。

ビットコインは世界で最も注目度が高いだけに、このコインを取り巻く情報は日々目まぐるしく変化しています。

 

是非ご自身でもビットコインの新鮮な情報を手に入れるようにして、投資判断に役立ててください^^

スポンサーリンク

ビットコインの購入方法(ビットコインを安く購入する手段)

ビットコインは国内のどの仮想通貨取引所でも購入することができます。

これから仮想通貨取引を始める方は、取引所の補償制度なども確認しながら安心できる仮想通貨取引所を選んでみてください。
>>(2017年最新)仮想通貨取引所のオススメ16選-初心者目線徹底比較-

なお、ビットコインを少しでも安く購入したいという方は、少し手間がかかりますが、複数の仮想通貨取引所の口座を開設しておくことをオススメします。

仮想通貨の価格は、仮想通貨取引所に参加している人々の希望価格で形成されているため、取引所ごとに価格が違います。

例えば、これはある同一時点のCoincheck(コインチェック)ZaifbitFlyer(ビットフライヤー)のビットコインの価格です。

Coincheck(コインチェック) bitFlyer(ビットフライヤー) Zaif(ザイフ) 比較
  • Coincheck:2,197,000円/BTC
  • bitFlyer:2,195,999円/BTC
  • Zaif:2,196,075円/BTC

値段に違いがあることがお分かりいただけると思います。

この例はビットコインの価格が大きく動いていない時の画像ですが、ビットコイン価格が大きく下落したり、大きく増加したりすると、各3取引所での価格差が大きく乖離することがあります(数千円~数万円単位で違ったりします)。

その意味で、資金に余裕があり、次にビットコインが大きく値下がりしたときに購入したいという場合は、それぞれの取引所にお金を入れておいて、購入の際はそれぞれの価格の一番安いお得なところから購入するという方法も有効ですよ^^

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です