Bitcoin Platinum(ビットコインプラチナ)とは?付与条件と入手方法。

ぴーたろです。

Bitcoin Platinum(ビットコインプラチナ)なる仮想通貨がビットコインからハードフォークすることが急遽決定しました!

そこで今回は、Bitcoin Platinum(ビットコインプラチナ)の概要とその入手方法をご紹介します^^

ハードフォーク祭りが続きますが、貰えるものは貰っておいて損はありません。

先日のBitocin Diamond(ビットコインダイアモンド)でも上場後の初値売り抜けで利益を出せましたので、今回もチャンスは掴んでおきましょう♪

スポンサーリンク

ビットコインプラチナとは?その特徴と将来性

ビットコインプラチナム

念のため最初に書いておきますが「Platinum」の読みはプラチナです・・・ブラチナムじゃないので恥をかかないように。笑

ビットコインプラチナの特徴は大きく3つです。

  • プレマインがない
  • GPUマイニングを採用
  • Segwit2X採用

プレマインを排除

まず、ビットコインプラチナにはプレマイン(コインが市場に出回る前にマイナーが一部先にマイニングを開始してコインを保有していること)がありません。

そのため、最初からコイン自体にノイズのような不正が入っていることがなく、プレマインを行った一部のマイナーによる実質的な実権支配(現状のビットコインもマイナーの発言権がつよいですよね・・・)も避けています。

GPUマイニングを採用

また、GPUマイニングを採用しているため、ビットコインと同様の設備でマイニングが可能です。

これはビットコインのマイナーがビットコインプラチナの採掘もしやすい環境が整っており、ビットコインプラチナの送金がスムーズになる可能性を秘めています。

Segwit2Xを採用

つい最近大きな話題となったSegwit2Xを採用しています。

その意味で、ブロックサイズ拡大で送金スピードを上げようとしたビットコインキャッシュのような分裂とは違った目標を持っているようです。

ビットコインプラチナが入手できる取引所・ウォレットはどこ?

何はともあれ、ビットコインプラチナを手に入れなければ話は始まりません。

結論から申し上げると、ビットコインプラチナが入手できる取引所・ウォレットは公表されていません
(参考)ビットコインプラチナ公式サイト

国内の取引所もだんまりなので、現時点ではどこにビットコインを置いておくのがベストかの判断は難しいです。

しかしながらここで問題が・・・・

ビットコインプラチナのハードフォークが起こるブロック高は496,525ブロックです。

2017年11月28日22時時点でブロック高は496,518ブロック。

そう・・・時間がないのです!!w

推定計算のために、10分で1ブロックが生成されると仮定するとハードフォークが開始される時間は日本時間の2017年11月28日11時20分頃

ブロックの生成スピード次第ではもっと早まる可能性があります。

追記!!ハードフォークが予定されていたブロック高496,525ブロックは、付与直前の2017年11月28日10時半頃になって急に498,533ブロックに変更されました。

これに基づくと、日本時間の2017年12月12日頃にハードフォークが実行されます。やれやれ・・・一番重要なハードフォークの時期を急に変更するなんて「大丈夫かなこのコイン・・・」って思っちゃいますね。笑

ぴーたろは先日のビットコインダイアモンドのハードフォークも一番早くコインを付与してくれたバイナンス(Binance)にビットコインを保有することにしました。

注意!!※ビットコインダイアモンドでは、公式サイトに付与ウォレットとして載っていたBitGoというウェブウォレットにビットコインを移していたのですが、最終的にコインは付与されませんでした。

結局、ダイアモンドでも付与実績がある(さらに上場させて取引もできている)バイナンスにビットコインを送金していた人が勝ちをみました。

その意味で、ぴーたろも同じミスを繰り返さないようにこちらにビットコインを置いておきます。

バイナンスにビットコインを置いておくこと自体は、本人確認不要の口座開設でも対応可能(所要時間5分程度)なので急げばまだ間に合います!

ビットコインをどこに保有しておくかはご自身の判断次第ですが、過去のハードフォークへの対応実績のある取引所にコインを付与しておく方が悔いは残らないというぴーたろの判断でした。

それではー♪

スポンサーリンク

【追記】Bitcoin Platinum(ビットコインプラチナ)を入手可能な取引所が公開

12日の分裂予定を前に、ビットコインプラチナ公式Twitterより、コインが付与されると見込まれる取引所が公開されました。

ビットコインプラチナ 付与
  1. Bitthmb
  2. KorbitBTC
  3. coinnest
  4. AEX
  5. 東京ビットコイン取引所
  6. UPbitExchange

韓国の取引所が多いようです。

国内取引所では東京ビットコイン取引所の名前が挙がっていますが、同取引所の公式発表はこのような状態。

この手の公式側の公表は、取引所とのコンセンサスを得ずに一方的に公表しているケースもあるので、どこに保管するかは自己判断です!

ハードフォーク分裂のコインは、付与後の売り抜けを考えるのであれば付与が早い取引所にビットコインを保管しておくのがベストですよー^^

それではー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です